電力自由化でお得なサービス徹底比較!

ハルエネでんき

  • レーダーチャート

    5

電力自由化に伴い、ハルエネでんきでも電気を提供しています。ハルエネでんきでは、一般の方々だけでなく、会社やお店を経営している人にも安い料金プランを提供しています。今よりもぐんと安く電気代を抑えることができます。

さらにハルエネでんきのホームページから簡単に無料でシュミレーションをすることができます。プランを変更してみてどれくらいの金額になるのか実際の金額を知ることができます。電力自由化になったのだから、是非ハルエネでんきを検討してみてください。

ハルエネでんきを利用したいけど、工事をしたりするのはめんどくさいというかた、安心してください。ハルエネでんきでは申し込みだけで簡単にハルエネでんきからの電気を利用することができます。今までの暮らしと何も変わることがなくハルエネでんきにを変更することができます。

ENEOSでんき

  • レーダーチャート

    5

電力自由化がスタートし、様々な会社が電力の供給に参入してきています。そのため、競争も激しくなり消費者にとってはどこを選択すれば良いのか迷ってしまいます。そこで今回ご案内するのは、CMでもお馴染みのENEOSでんきです。

ENEOSでんきのは、天然ガスなど環境負荷の少ないエネルギーを使用して発電していることが特長です。そのため、川崎天然ガス発電所などの自社発電を中心としたバランスのよい組み合わせで安定して電力を供給することが可能となっています。

そして最大の魅力は電気料金の安さにあります。家族の場合は年間でおよそ一万円も安くなり、ポイントも貯めることができダブルでお得なシステムになっています。今ならおためしキャンペーンも実施しているので、検討中の方は一度ご参考下さい。

じぶん電気

  • レーダーチャート

    4

日本エコシステムの運営するじぶん電気は、自宅に初期費用無しで太陽光発電システムを設置し、昼間などの発電時はそのシステムで発電した電気を、発電していないときは株式会社エネットの発電した電気が供給されるサービスです。契約中は使用量に応じた電気料金を支払う必要がありますが、契約満了後はシステム一式を無償で譲渡してもらうことができます。

電線の構造上の問題で、電力自由化といっても普通は電力源を選ぶことはできません。じぶん電気では太陽光発電システムによって発電された電力あるいは株式会社エネットが主に天然ガスなどから発電した電気が直接供給されるので、環境に優しい電力を使用することができます。

太陽光発電システム設置時に、システムに連結された非常用コンセントも家庭内に設置されます。これにより停電時などでも、太陽光発電システムが稼働する時間帯および天候ならば電力を使用することができるようになります。

HTBエナジー

  • レーダーチャート

    3

電力自由化によって、企業も家庭も、電力会社を選ぶことができるようになりました。HTBエナジーは、契約をしてくれた相手の使用エネルギーを、見直す手伝いをしてくれます。企業や家庭の経費を削減することに繋がります。

また、契約のオプションには、HTB安心サポート24がつけれます。このオプションをつけることで、24時間365日、電気のトラブル対応をしてもらえます。電球の交換など、高い位置で自分で交換できない物をお願いすることができます。

電力会社で、こんなサポートを行っているのは珍しく、高齢者や一人暮らしの女性には、心強いサポートといえます。安心して生活する手助けを行い、電気の力を有効活用できます。

はじまる電力自由化

  • レーダーチャート

    4

電力自由化で従来の電力会社から新電力と呼ばれる従来の電力会社以外への乗り換えを検討している方もいらっしゃるでしょう。しかし、色々な選択肢がありすぎてどこを選んだらよいのか、本当に信頼の置けるところなのかと考えている方も多いのではないでしょうか。

信頼の置けることを第一に考え、しかも従来の電気料金やサービスと比較しやすいのが、「はじまる電力自由化」を旗印に東京電力から分離した東京電力エナジーパートナーという小売電気事業者です。従来の東京電力からの供給ではなかった嬉しいサービスも追加されました。

これまでの料金プランのほかに、各家庭のライフプランにあった電力プランがネット上で診断でき、しかも様々な分野・業種との連携による新サービスが順次開始されたり、電気料金の支払いでポイントがたまるサービスもあります。

J:COM電力

  • レーダーチャート

    3

電気代を少しでも節約するならランキングで各社比較すると、従来の電気代を安くすることができるようになります。エアコンなどで月々の電気代がかかりすぎる場合は、電力自由化に伴い安くすることが可能なので、この機会に検討されてみてはいかがでしょう。

J:COM電力の申し込みは手続きが簡単で室内工事も必要としないので、申し込んだ月から電気代を安くすることができます。J:COMはケーブルテレビの会社なので電力セットに加入することで、インターネットや多チャンネルのテレビ視聴なども利用できます。

品質においては安定した電気をご家庭まで供給できるので、今までと同じく何ら変わることなく生活を送れます。J:COM電力は年間通してみると電気代がかなり節約できるのでお得です。

電力自由化でも電気の質は変わらない

海外に行くとき、電気製品を使用には気を付けないといけません。まずコンセントの形状が異なるので、そのまま使うことができません。コンセントを変えたとしても、電圧が異なります。電気製品によっては、そのまま使うと故障してしまうことがあります。
電力自由化になると、提供会社によって電気の質が変わったりするかです。新たな会社と契約するからといって、その会社の電線などを引っ張ってきて供給を受けるわけではありません。これまで通りの設備で供給を受けます。
ですから電気の質は変わりありません。参入する会社が電力供給網に電力を供給し、そこから各家庭に電気が供給される仕組みです。実際に送られてくる電気は、どの電力会社が発電したものかわからない状態になります。各社の質が異なると、この仕組みで提供できなくなります。小さい会社と契約したとしても、すぐにストップすることもありません。


マンションの種類で電力自由化の恩恵が異なる

通信サービスを利用するとき、光ファイバーケーブルだとかなり速くなります。一戸建ての場合は各家庭で引き込むことができます。しかし、集合住宅の場合は個別に利用できないこともあります。まずは建物に引き込んでもらうよう話し合いが必要になります。
電力自由化において、マンションによっては恩恵が受けられないケースがあります。それは、建物で一括して所定の電力会社と契約しているため、個別の契約ができないからです。高圧一括受電契約と呼ばれる契約の場合は選べば位場合があります。ただし、マンションの全てがこのタイプの契約方法ではありません。
普通に受電できるタイプもあり、この時は個別に電力会社が選べます。まずは住んでいるマンションの契約状況を調べてみましょう。できるのであれば、お得な会社を選ぶようにしましょう。できなくても、将来できる可能性はあります。


電力自由化の選び方はセット割に注目

通信サービスには、固定電話、携帯電話、インターネットがあります。これらを別々の会社で行う場合、同じ会社やグループ会社などを利用する場合で料金が異なる場合があります。同じにすると、割引が利用できる場合があるようです。
電力自由化では、どうすればお得になるのか考える人がいるでしょう。単純に料金だけを比べてもほとんど変わらないこともあります。ポイントとしては、セット割引です。多くの会社が参入していて、それらの会社が提供するサービスとセットにすると安くなる可能性があります。ガス会社が提供する場合は、電気とガスをセットにすることで安くなる場合があります。
通信会社が提供する場合は、通信サービスとセットにしてみましょう。個別ではわからなかった差を知ることができるようになります。セット割は変化しやすいので、常にチェックするのが良いでしょう。

カテゴリ

PAGE TOP