護身術は身近になっている

レベルによって選べる護身術を学ぶ

健康のための刺激ある体作りができる護身術

今までにない綺麗な体作りもできる

ジムで行う筋力トレーニングには様々な方法が存在しますが、今や認知度が高くなっているのが「体幹トレーニング」になります。護身術でも体幹というのは体の中心の支えるための力ということですが、この力がつくことによってバランスの良い体になることができます。バランスがいいということは、筋肉のつき方が綺麗になり見た目でも筋肉の隆起がしっかりとわかるようになるので、トレーニングとしても体幹は人気です。例えば腹筋などは、基本となる「腹直筋」の他にも捻るための筋肉「腹斜筋」があります。この腹斜筋は内腹斜筋、外腹斜筋があり、どちらも捻るための力を使うのでお腹周りの引き締めやシェイプアップに役立ちます。そして人間にとって立ち姿勢は「背筋」があって成り立ちますが、こちらも「脊柱起立筋」などを体幹トレーニングで鍛えることによって、より動きに対して体を支える力をつけることが可能です。

スポーツをやっている人ではケガなどがつきものですが、そんなケガをしない体を作っていくことが出来るのは護身術のメリットです。インナーマッスルなども鍛えることになり、筋肉の内部にある小さな部位を刺激することで、ケガを防ぐことができます。特に関節部位では痛めることが多い箇所ですから、関節周りの筋肉の強化やインナーマッスルを強化することで、関節などの炎症を防ぎます。特に使いすぎの場合では腱鞘炎などがありますが、基本的には使わないで休ませることがベストです。しかし、関節に負担をかけないように他の部位が活動できるようになったり筋力が高まることで腱鞘炎などの予防をすることができます。

気がつけばダイエットなどになっている

東京にはたくさんのスポーツクラブや、今ではパーソナルトレーニングジムまで幅広くあります。そんな特別な環境でも護身術を習いながらダイエットをすることもできます。自分の体を守るためには鍛えることも必要ですが、護身という意味からも刃物で襲われた場合にも対応できる能力が必要です。東京では女性など暗い夜道を歩くことになると、暴漢に襲われることも考えられます。そんな時に役立つのが護身術であり、特別なトレーニングをすることで汗を流すことが出来るためにダイエットにも有効です。ダイエットは脂肪燃焼を目的としていますが、汗を出すことで脂肪燃焼を促し、またインナーマッスルを鍛えることで痩せやすい体になることができます。東京では様々なトレーニング施設がありますが、護身術のジムは一石二鳥なので人気が出てきています。

人気記事ランキング