電力自由化でお得なサービス徹底比較!

トップ > 電力自由化でお得な情報 > 実際は10年前から進行中だった電力自由化

実際は10年前から進行中だった電力自由化

ここ最近では、電力自由化という表現がよく使われ始めています。
それで多くの方々は、コストダウンが見込める制度というイメージを持っています。
それはごく最近に始まった制度と解釈されている事も多いですが、実際はそうではありません。
すでに10年以上前から、自由化は着々と進んでいました。
ただ少し前の自由化は、一部の法人などに限定されている状況でした。
また選べる電力の会社も、現在よりは若干限られていた訳です。
それがつい最近になり、ほぼ全面的に自由化が実現された訳です。
今までは選べる電力会社もごく限られていました。
しかし最近の大幅な自由化に伴い、多くの方々は多彩な電力会社から選べるようになった訳です。
様々な報道を聞くと、非常に新しい制度という捉え方をされている事も多いですが、実は10年前からすでに準備は進んでいた訳です。



なぜ電力自由化に係る新電力の料金は安いのか

最近では、新しい電力会社に乗り換える方々も増加傾向にあります。
従来の電力会社と違って、新しい会社の方が電気代を抑えられる事も多いからです。
ところで電力自由化に伴って、なぜ電気代を低く供給できるかというと、買取が関わっていたからです。
というのも様々なところで、色々な法人や個人が自家発電を行っています。
時にはソーラーパネルで、自力で発電をしている建物を目撃することもありますが、そこで作られた電力を買い取る事もできる訳です。
それで買い取り額は、かなり低めです。
従来の電力会社と比較しても、かなり低めな数字で買い取りを成立できる訳です。
つまりソーラーパネルの売電というシステムで、かなり安価に電力を仕入れられる訳です。
ですから従来の電力会社の料金と比べると、かなり数字も低く設定できるという仕組みになります。



電力自由化のメリットを受けるにはどうすればいい

電力供給は地域毎に決められた電力会社が発電を行い実施していましたが、最近では電力自由化によって今までの電力会社と異なる会社から電力を購入する事が可能となっています。
これによって消費者は太陽光発電など自然エネルギーから作り出した電力を購入する事や、或いは民間企業などが保有する発電機で作り出した電力を購入する事が可能となっています。
これらの流れを受けて、従来の電力会社はお得な料金になるプランを用意して利用者の囲い込みを図っています。
そして電力会社の変更に際しては、利用者側は特に手続きを行う必要も有りませんし、変更後も常に安定して電力提供が行われる様にサービスが保障されています。
全国で電力自由化が進んでいますが、新規参入する会社の数としましては東京や大阪など大都市部においては非常に多く選択肢が豊富です。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP