電力自由化でお得なサービス徹底比較!

トップ > 電力自由化でお得な情報 > 電力自由化でなにがかわった?

電力自由化でなにがかわった?

家庭用電気においても電力自由化が始まりました。電力会社を選べるようになることで様々な変化が期待されています。
それと同時に今までなかったトラブルが起こることも予想されます。そんな電力自由化により変わったことをまとめていきます。日本の電気料金は2011年の東日本大震災をきっかけに値上げが進んでいきました。原子力発電所が次々と停止して、発電が火力が主体となりました。
そのことで燃料価格が上昇しました。また再生可能エネルギー促進費モ加わり、原油価格の影響を調整する燃料調整費が上がったことで、電気代が高くなってしまいました。そこで新たな電気会社の登場によりプランの変更が可能になりました。
それにより電気の料金を月に数万円もお得になる家庭も出てきています。個人で電気会社を選べるということが1番変わった点だと言えます。

次に変わった点がメーターです。新電力会社などの小売り電気事業者で契約すると、スマートメーターに交換することが前提となります。
これにより、まだ新電力への切り替えは、まだスマートメーターが設置していないところだと約二週間で、すでに設置してあるところで4日で切り替えができます。最初は工事が集中するなどして切り替えが間に合わないケースも出てきたりしていました。
一部ではスマートメータに切り替わる前に契約先の変更に応じるところもあるみたいですが、電気料金の請求においてトラブルが起きてくることが予想されます。
このスマートメーターには30分ごとに電気使用量を計測して使用状況が確認することができる機能を備えています。さらに遠隔操作により従来の検針員の訪問が必要なくなります。

3つ目に変わった点が勧誘や営業が発生したことです。家庭用電力自由化により、悪質な勧誘が増えてきています。
具体的には電気料金の虚偽や付帯費用の発生」や、不要な商品のセット販売や不当な解約金設定や契約解除に対する嫌がらせなどが挙げられます。
また消費者の不安を不正にあおって契約を迫ってくることなども考えられます。訪問販売や電話販売においては8日以内はクーリングオフが適用できるようになっているため契約を解約しても問題ありません。
もし心配事などがあれば消費者ホットラインで相談すると問題が解決できるかもしれません。
しかし高齢者の一人暮らしなど注意喚起が届かないところもあるので、老親と離れて暮らしている人は、事前に電話で注意を促しておくことが大切です。
電力自由化はそれぞれの家庭の状況で、既存の電力会社のメニューを見直したり、新電力会社の商品と電気を組み合わせて割引したりして1番最適なプランで契約することが大事になります。

カテゴリ

PAGE TOP